暴走次郎暴走次郎

持久力ってどうやったらつくんだろう~?

 

ドロシーさやかドロシーさやか

あら、どうしたの?

 

暴走次郎暴走次郎

サッカーコーチしているいとこに相談されたんだ。

中学生の持久力をつけるにはどうしたらいい?って。

 

ドロシーさやかドロシーさやか

そんなお友達がいたのね。

じゃあ、中学生におすすめの持久力トレーニング方法を教えてあげる

 

持久力をつけたい!「持久力」ってなに?

 

スポーツをすると、どんなスポーツでも基本は走ること。

持久力が必要になるわね。

 

ところで、「持久力」って何か知ってる?

持久力っていうのは英語では「スタミナ」と言うのよね。

 

実は、持久力には2種類あるのよ。

 

1つは「全身持久力」。

全身持久力とは、心肺持久力とも言われ、長時間動くことのできる持久力の事。

もう1つは「筋持久力」。

筋持久力は、長時間菌に気を動かし続けることができる持久力の事をいうのよ。

 

サッカーなどのスポーツで長時間走っていられる人は持久力のある人。

走っていられない人は持久力がない人ってことになるわね。

 

持久力をつけるには?中学生におすすめのトレーニング方法は?

 

持久力をつけるために中学生にもおすすめのトレーニングを紹介するわね。

 

ランニングなどの有酸素運動

ランニングは、運動をしている人なら必ずと言っていいほどやったことがあるんじゃないかしら?

ランニングは持久力アップには必須ともいえる運動なの。

 

実はランニング以外でも、サイクリングやジョギングなどの効果的よ。

有酸素運動を行うことで持久力を高めることができるのよ。

 

毎日1時間ほどを目安に摂り入れてみてね。

 

インターバルトレーニング

ランニングと同じくらい持久力をつけるために必要なトレーニングは、

「インターバルトレーニング」です。

 

インターバルトレーニングのやり方を紹介するわね。

 

①10~20秒間全力でダッシュ。

②1分間、普通に歩いて息を整える。

 

これを何回か繰り返すというトレーニング法なの。

 

全力でダッシュすることで急激に心拍数が上がるわよね。

そして、普通に歩くことで心拍数を落ち着かせる。

これを繰り返すことで、心肺強化につながって。持久力をアップさせることができるの。

 

 

中学生が自分でもできる2つのトレーニング。

取り入れてみてね。

持久力をあげたい!トレーニング意外に必要なことは?

 

持久力をあげるには、「体力」をつけることも大切。

トレーニングだけでは持久力はつかないのよ。

普段の生活から持久力が付くように心がけることが大切なの。

 

定期的に運動を取り入れる

子どもと大人を比べた時、子どもの方が体力があるわよね。

それは、定期的に運動をしているかどうかも関係しているみたいね。

子どもは授業や部活、遊びなどで定期的に体をうごかしているわ。

それに比べて大人になると、運動する機会を自発的に作らない限り、なかなか運動はしない人が多いの。

 

定期的に運動をすると、定期的に心拍数をあげているから持久力が付くのよ。

だから、持久力をつけるためには、定期的に運動をすること。

これが大切!

たまにきつい運動をするだけでは持久力は上がらないわよ。

 

食生活に気をつける

持久力をあげたい。

そんな時は、食べるもののことも考えてみて。

体は食べるもので作られているわ。

だから、体力がない、持久力がないという人は、栄養が不足していることも考えられるの。

 

筋力アップにはたんぱく質が必要ですし、持久力には炭水化物が必要。

それぞれに必要な栄養素があるので、普段はバランスよく、

トレーニング前には効果的な栄養素を積極的に摂るなど、

食生活の見直しも大切よ。

普段から、カップラーメンやファストフードが多いという人は、

持久力が付きにくいかもしれないわね。

 

しっかり睡眠をとる

健康には、食事のほかに睡眠も大切と言われているわよね。

しっかり睡眠を取ることで、体力を回復することができるの。

持久力をつけるためには、しっかり睡眠をとり、体力を回復することが必要よ。

 

睡眠以外の休息もとる

睡眠や食事が大切と言ったけど、そのほかにも大切なことがあるの。

それは、睡眠以外の休息を取ること。

睡眠でも疲労やストレスは軽減することができるわ。

でも、ストレス社会と言われる現代は、睡眠以外にも気分転換や休息が必要なの。

体を休める以外にも、脳を休めることも必要なのよ。

体をうごかしているのは脳。

だから脳がリラックスできていないとしっかり脳が働くことができずに、

持久力のある体を作ることができないみたい。

 

お風呂に入ったり、ストレッチをしたり、好きな音楽を聴いたり、

睡眠以外のリラックスタイムを作ることも、持久力をつける方法のひとつなのよ。

 

 

持久力をあげるためには、トレーニング以外にも、

食事や睡眠など毎日の生活をしっかり見直すことも大切みたいね。

 

トレーニングを取り入れながら、食事や睡眠もしっかりね!!

 

 

暴走次郎暴走次郎

そうだったのか―。

 

ドロシーさやかドロシーさやか

お役に立てたかしら?

 

暴走次郎暴走次郎

ああ、早速いとこに連絡してみるよ!!

これで、5000円もらえるなー♪

 

ドロシーさやかドロシーさやか

・・・。

ちなみに、スポーツする中学生の食事のチェックポイントは知ってる?