サラダを食べる美人女性

努力せずに、痩せたい。

食べたいものを食べて、ダイエットに成功したい。

 

こうした方に今、8時間ダイエットという方法が注目されています。

8時間ダイエットとは、どんなダイエット方法なのでしょうか?

 

8時間ダイエットとは?

アメリカ生まれのダイエット方法です。

 

アメリカのソーク研究所、国立衛生研究所などの研究機関が出しているデータを基にしたダイエット方法であり、David Zinczenko(デイビッド・ジンチェンコ)氏とPeter Moore(ピーター・ムーア)氏が「The 8-Hour Diet(8時間ダイエット)」という書籍にして、出版しました。

 

ハリウッドセレブが8時間ダイエットをしているということから注目され、日本でも大久保佳代子さん、8.6秒バズーカーのはまやねんさん、西野カナさん、熊田曜子さんといった芸能人がチャレンジしたことで人気になっています。

 

8時間ダイエットの方法

1日24時間のうち、8時間は好きなモノを食べていい、残りの16時間は何も食べないという時間を制限するダイエット法が8時間ダイエットです。

ルールはこれだけです。

 

ちなみに、何も食べてはいけない16時間も飲みものは飲んでオッケーです。

何も飲まないと体に悪いですからね。

 

朝食を食べない人は簡単に8時間ダイエットできる

朝食を食べない人は比較的、簡単に8時間ダイエットをすることができます。

お昼ごはんを12時に食べたら、夜ご飯を20時までに食べれば8時間以内におさまります。

残りの16時間は食べなければ、8時間ダイエット達成です。

 

8時間ダイエットのメリット

8時間ダイエットの長所は、食べる時間は制限されますが、8時間のあいだなら好きなモノを食べていいことです。

人は1日6~8時間くらいは眠っていますから、起きている時間のだいたい半分なら、好きなモノを食べていいとなると、けっこう簡単な気がしますよね。

 

ダイエット中だからといって、食べたいものがあるのに、ずっと我慢しているのは辛いものです。

それが起きている時間の半分は好きなモノを食べられるとなったら、残りの時間は我慢できるという人が多いです。

 

ダイエット中に、常に食べもののカロリーを気にしているのは、精神的にもかなりのストレスです。

それがカロリーを気にするのではなく、時間を気にすればいいとなると分かりやすいし、簡単です。

いちいち食べ物のカロリーを調べなくてもいいし、気持ちも楽になれるという面があります。

 

8時間ダイエット効果

ラーメンを食べるカップル

8時間ダイエットの方法はいたってシンプルですよね。

 

これならできそうだなと思った人も多いのではないでしょうか。

そうなってくると、気になるのは効果ですよね。

8時間ダイエットには、どういった効果があるのでしょうか?

 

痩せられる

ダイエットですから、痩せられる効果がなければ困りますよね。

8時間ダイエットで、1週間で数キロ痩せられたという人がたくさん出ています。

 

8時間以内で食事をするとなると、多くの人はそんなにすぐにはお腹が減らないので、1日3食もせず、2食になります。

当然、1回食事の回数が減れば、1食分の摂取するカロリーが減るわけですからダイエットできます。

 

1回分、食事が減っても、1食でそれ以上にドカ食いしたら、痩せないんじゃないの?と思うかもしれません。

 

腹八分で3食していたとします。そうすると、8×3で24という分量を食べていることになります。

これが2食しかできないから満腹まで食べたとします。

腹十分で2食したとすると、10×2で20ですよね。

 

満腹まで食べたとしても、1日で食べる量は減るんです。

大食いの選手でもないかぎり、人は1回の食事でそんなにたくさん食べられるものではないのです。

 

8時間ダイエットすれば、多くの人は摂取するカロリーが減ります。

その結果、ダイエットできるのです。

 

胃腸の働きがよくなる

8時間ダイエットの効果は、体重を減らせるだけではありません。

胃腸の働きがよくなります。

 

人間の体は、食べ物を消化吸収するのにも大きなエネルギーを使います。

人が1日に消費するエネルギーはだいたい基礎代謝が6割、体を動かすことによって消費するエネルギーが2割、食べ物を消化吸収するのに使われるエネルギーが1割です。

 

食べ物を消化吸収するだけでエネルギーを使っているのです。

何が言いたいかというと、常に食べ物が胃腸に入っている状態だと、ずっと消化吸収をするために体は働いているということです。

 

1日に16時間食べ物を食べない時間があると、消化器官を休める時間ができます。

消化吸収に携わる器官が休めることで、正常に働けるようになります。

胃腸も、排泄器官も本来の活動を取り戻し、消化不良を起こさなくなります。

下痢や便秘といった問題が解決されます。

 

消化器官が活発に働くようになることで、健康にもなりますし、さらにダイエット効果を促進します。

 

他にも、しっかり空腹の時間を作ることで、朝の目覚めがスムーズになったり、昼間に眠くて仕事に集中できなかったりといった効果もあります。

 

肥満や糖尿病の予防

人間の歴史で、好きなときに食べ物を食べられるようになったのは、ごく最近のことであり、現在も地域は限られています。

長い歴史の中で、人間は空腹の時間が長いのに慣れていますし、その状態で体が正常に働くように進化してきているのです。

 

消化器官もそうですが、空腹の時間がなく、24時間好きなときに食べられる生活が肥満や糖尿病といった病気を引き起こしている原因だとも言われています。

 

1日に16時間の食べない時間ができることで、カロリー摂取量が抑えられ、消化器官も正常に働くことで、肥満や糖尿病の予防の効果もあります。

 

若返り効果

残りの16時間がプチ断食になり、空腹の時間が生じます。

空腹の時間ができることが、実は体の健康にとって大事だとされています。

 

若返り遺伝子である「サーチュイン遺伝子」が働くからです。

空腹になると、血管を掃除してくれる善玉ホルモンの「アディポネクチン」も分泌されます。

体は空腹状態になると、肌をつややかに、シワを薄くしようとします。

 

8時間ダイエットの口コミ

サラダを食べる女性

成功した人の口コミ

「好きなモノを食べているのに、痩せられた」

「8時間のあいだであれば、好きなモノを食べられるから辛くない」

「好きなモノを食べられると思えば、それ以外の時間は我慢できる」

 

8時間ダイエットに成功した人の口コミで多いのが、こういった意見です。

8時間ダイエットは食べない時間が16時間ありますが、8時間に好きなモノを食べることができるのであまり辛さを感じないという口コミが多いです。

食べる時間を8時間に制限することで、自然と摂取カロリーが減って、ダイエットに成功しているようです。

無理せずダイエットできている人たちは、リバウンドもしていないようです。

継続できるというのが、このダイエット法の一つのポイントです。

 

他にも、こんな口コミがありました。

「朝は食欲がないのに健康のためと無理して食べていたけど、朝食を食べなくなって、かえって体の調子がよくなった」

「色々なダイエット方法があるけれど、自分には8時間ダイエットの方法が合っていた」

「プチ断食みたいで楽しんでやっていますし、便秘も解消されていい」

「厳しいダイエット法じゃないので、継続できるしリバウンドしにくい」

「痩せられただけじゃなく、体調もよくなった」

 

うまくいった人たちの口コミはこういった内容です。

 

失敗した人の口コミ

「8時間のあいだにドカ食いしてしまう」

「カロリー計算をせず、好きなだけ食べてしまうから、結局カロリーオーバーになってしまう」

「栄養が足りなかったのか、めまいがした」

「筋肉が落ちてしまい、かえって太った」

「ちゃんと8時間ダイエットしているのに、まったく体重が変わらない」

 

8時間ダイエットに失敗している人たちの口コミはこういった内容です。

(そもそも残りの16時間に、我慢できずに食べてしまっている人はもちろん失敗しています)

 

8時間ダイエットにチャレンジしたい人

ここまで読んでみて、8時間ダイエットをやってみようという人もいると思います。

実際に挑戦するなら、8時間ダイエットに成功したいですよね。

成功した人たちと失敗してしまった人たちの差は何なのでしょうか?

成功するためのコツはあるのでしょうか?

 

気になる方は、コチラの記事も読んでみてください。

8時間ダイエット方法とコツ。コーヒー、お酒、牛乳など飲み物が鍵